日本の子会社

         
 
ヘルは1950年代後半に日本で海外商社UHAG(スイスを拠点とする)と協力してきました。現在、日本のクリスコグラフK 151が提供されています。

1981年に会社KHGC(海地獄グラフィックセンター)東京の本社近くに発足されました「大日本印刷」(市ヶ谷)
Hell社製品保守業務を行う。
   
         
 
ヘルの独立系企業であるヘルグラフィックス株式会社は、1989年に東京の大塚に本社を置く100%子会社として設立されました。
ヘルグラフィックス株式会社 発足、販売および保守のトータルサービスを提供。
 

1991年には、Linotypeとの合併後、日本の子会社もLinotype-Hell Ltd。に名称変更されました。

社報   Color Express No.1; 1993   日本語, 2 Mbyte

   
 
 
     
 

ドイツのHeidelberger Druckmaschinen AG(1996)との合併後、Hell Graphic Ltd.はHeidelberg PMT Co.、Ltd.(1999年にHeidelberg Japan K.K.)と合併しました。

本日本日登録: Heidelberger Druckmaschinen AG

   
         
 

2002年に製品ライン「彫刻」は、ハイデルベルクジャパン株式会社から取得されました。 独立会社「ヘルグラビアシステムズ」に異動。

2005年にHell Gravure Systems社100%子会社として、

   
     
   
Dr. Hellの訪問の東京に際ためにこのフォトアルバムは
作成されました。

これはカバーシートです。

    Album Deckblatt jp

ドクトヘル、KHGC到着、1983

 
 

 

1983年の出張の際して、Dr. Hellと日本のお客様のに
東京の「帝国ホテル」で大歓迎会の組織しました。
 
         
 

社内祝賀会はホテル新山荘東京である、1983年