Text editing and correction

テキストの編集と修正

 

機械式設定機(Linotypeなど)が広く受け入れられてから数年間、
穴あきストリップ出力を備えた特殊なタイプライター(穴あけ器)
が提供されます(1928年から、キーワード:Teletypesetter)。

パンチストリップが植字機を制御するため、植字速度が大幅に

向上します。
 
1970年代に登場したモニターからのみ、テキストが電子的に取得
されます。それまでは、Digisetのテキストデータ入力の可能性は
パンチテープだけです。
1977年から、Digisetの電子テキスト入力の可能性があります。

 

テキストキャプチャのワークフローとその修正の詳細は、次の記事で
説明されています
                 „Von der Linotype zum Digiset
                       "LinotypeからDigisetへ".
 
自分でフォントを作成するための作業手順は次のとおりです。:
     Erstellung von Schriftzeichen     ドイツ語
   「Klischograph」 1970年 1月 ;  2ページ

 

       
 

Perforators

パンチテープ出力によるテキスト編集
 
       
 

データ端末 DS 2032

テキスト編集に関する説明
     2 ページ  ;  ドイツ語
 
 
       
 
データ端末 DS 2038
 
       
 
Datensichtgerät DS 2069     (1981年)
データ端末 DS 2069

 

 
       
 
デザイン端末Digicomp2062

カタログ ; 2 ページ  ;  ドイツ語