スキャナー : 特別なアプリケーション

 

CTX 330 について  
         
 

ヘルドラムスキャナーの典型的な用途は、雑誌、広告チラシ、新聞などの印刷用の4色分解版の生産でした。この場合、オリジナルのカラーは、それぞれの濃度値でイエロー、マゼンタ、シアンの3つのカラーコンポーネントに分けられます。既存の黒のコンポーネントが計算されます。

ここで紹介するスキャナーは、最大16色のドキュメントをスキャンするために特別に設計されています。

 

 

 

 
         
 
アーティストが作成したテンプレート(テキスタイルプリントなど)には、
通常、最大16の異なる色が含まれます。これらは、4色印刷とは異なり、
混色のために互いの上に印刷されません。このアプリケーションには、
スキャナが認識しなければならない最大16の特別な色の混合(色調)が
含まれます。はい」または「いいえ」の情報のみが認識され、フィルムに
露出されます。
元のフォーマットと出力フォーマットは非常に大きく、100 x 112 cmの特殊な
スキャンおよびプラテンフォーマットを説明しています。

 
いくつかの難しいが典型的な再現タスクに基づく特別な
CTX 300機能の説明。

 

その他の応用分野は次のとおりです。:
ファクシミリ、磁器、装飾印刷(壁紙、装飾ホイル)、地図作成。

 

 
 
 
 
   CTX 330のカタログ
     
         
       CTX Maschine Wirth          CTX Farbrechner Wirth  
 

 

 

     
 
機能と技術構造の説明
3 ページ;  500 Kbyte ; (ドイツ語)

 
  CTX 330 1976 Seite 1  
         
 
4 ページ; 2 MByte ; (ドイツ語)

 

  Farbauszugssystem 330 1977 Seite 1  
         
 
14 ページ ; 2 MByte ; (ドイツ語)
  CTX 330 Scanner elektronische Musterbearbeitung 1978 09 Seite 1  
         
 
応用例
4 ページ ; 1,9 Mbyte ; (ドイツ語)
  CTX 330 Landschaftplaene  
         
 
多目的スキャナー(壁紙、木材の装飾など)
               2 ページ ; 600Kbyte ; (ドイツ語)
 
  CTX 330 1981 04 Seite 1  
         
 
16 ページ;  2,2 MByte ; (ドイツ語)
   Chromagraph CTX 330 Vielseitige 1982 Seite 1