Hellschreiber GL 72 (1950)    
         
 
「ヘルシュライバー」は、文字ごとに5ビットコードを送信する通常のテレタイプライターとは
対照的に、文字を白黒の画像要素(ピクセル)のマトリックスとして送信するテレタイプ
デバイスです。 したがって、ヘルシュライバーは文字の「画像」を送信します。画像は7 x7
ピクセルのマトリックスで構成されています。 この方法により、伝送は伝送チャネルのノイズ
に対する感度が大幅に低下します。最初のヘルシュライバーモデルは、1929年以来、すでに
ヘルによって開発されました。ノイズ耐性が高いため、これらのデバイスは軍隊でも使用
されていました。 そのために、「Feld-Hellschreiber」という名前の特別な非常にコンパクト
なモデルが開発されました。
   
                     
  
  Kulturdenkmal SH en                   
     
 
 
Hellschreiber GL 72は、1分あたり最大360文字のテキストメッセージを
送受信できます。
テキストを送信するとき、テキストは通常​​のテレタイプライターと同じ
ようにキーボードで入力されます。
 
         
   
キーが押されるたびに、関連するカムディスクが動き始め、その周囲
に、マトリックス内の黒いピクセルの位置に従ってカムが配置され
ます。カムディスクは、ピクセルマトリックスの列に対応する
7つのセクターIからVIIに分割されています。 各セクターでは、
カムは列の黒いピクセルの分布に従って配置されます。 接触
ばねでカムディスクをスキャンすることにより、対応する一連の
電流パルスが生成され、受信機に送信されます。これにより、文字が
1つずつ転送されます。
 hellschreiber GL72 nockenscheibe    
         
 
伝送障害が発生した場合、この方法では最大数ピクセルが破損する可能性があります。
ただし、一般的に、この手紙は読みやすいままです。 通常のテレプリンターで5ビット
コードが改ざんされると、まったく異なる文字が受信機に書き込まれます。

ヘルシュライバーが受信機として機能する場合、受信したピクセルを一片の紙に記録します。
   
         
    
hellschreiber GL72 schreibmechanismus
レシーバーの書き込みメカニズムには、
インクで着色されたらせんが隆起した回転
シャフトがあります。電磁石は、受け取った
電流インパルスのリズムで刃先を動かします。これにより、紙片が下かららせんに押し付け
られ、それによって画像ポイントが紙に書き込まれます。.
同時に、紙片はゆっくりとその長手方向にさらに輸送されます。 らせんが回転すると、隆起したらせんと刃先の間の接触点が紙片を横切って連続的に移動します。 この動きは、ピクセルマトリックスの列方向に対応します。
   
 
 らせんは、紙片の幅に対して2回シャフトに巻き付けられます。 そのため、らせんと刃先の間
に2つの接触点があり、それらは紙の幅を横切って移動し、文字はそれぞれ2回下に記録されます。
これは、送信者と受信者が完全に同期していなくても、テキストが読みやすいことを意味します。
このような場合、テキストはわずかに歪んで記録されますが、上下に並んでいる2つの文字の少な
くとも1つはまだ完全に紙片に記録されています。
   
       
 
        (ドイツ語; 1,4 Mbyte)
   
 
        (ドイツ語;   35 ページ; 4,5 MByte