Chromagraph C 185/ C186/ C187
 
   Japanese      
 
これらのデバイスは、第1世代のスキャナーとして、サイズの異なるプラテン(カセット)を備えた3つのバージョンの昼光スキャナーとして提供されていました。
長さは1360mmから2000mの間でした。
重量は約350kgです。
 
オペレータは色補正を調整しながら画像を見ることができず、色補正の効果を評価した(画像はまだ走査または保存されていなかった)。 そのため、オペレータは、画像が印刷されたときにのみ結果が表示されるため、色補正を調整するために多くの経験が必要でした。

イメージラインメモリのおかげで、スキャナーはスキャン中にイメージのスケールを変更できます。 一般的に拡大します。

スキャンラインは一時的に保存され、次の回転で読み取られ、色補正された後、プラテン上のフィルムに露光されます。

つまり、スキャナーレコーダー(一般に「スキャナー」と呼ばれます)です。 DC 3000シリーズで別々のスキャナーデバイスとレコーダーデバイスが市場に登場したのは、1980年代初頭になってからでした。
 
 
         
         

 

 
C 185/ C 186/ C 187  TPG

    Prospekt 1965

      English (1,8 Mbyte)

 
       
 
C 185/ C 186/ C 187

    Prospekt 1966

       German ( 2,3 Mbyte)

 
       
 
Ich arbeite mit dem Chromagraph
      C 185

       Ein Erfahrungsbericht von 1965

        German ( 620 kByte)

 
 
       
 
Chromagraph Farbkorrekturgerät
      C 185/ C 186/ C 187

      aus Klischograph-1 -1965

        German (2,3 Mbyte)