スキャナ  S3010
 
         
 
このスキャナーは、DC 3000製品ファミリーの一部として開発されました。ヘルの最後のドラムスキャナーの1つで、作業準備ステーションと組み合わせて高度に自動化された操作を可能にします。
スケーリングされ、デジタル化された画像データは、
スキャンプロセス中に必要な色とシャープネスの補正に関するデジタルカラー計算機。
いわゆる「ダイレクト」モードでは、スキャナーは電子シャフトを
介してレコーダーR3020 / R3030に接続されているため、画像データはスキャンプロセスと平行してフィルムに「直接」露光されます。
システム操作では、スキャナーはPCまたは再現システムのコンピューターに接続され、画像データは大容量のデータで利用可能なストレージメディアに保存されます。
 
 
DC 3000 Catalogue 1990          (ドイツ語)
DC 3000 Technical data            (ドイツ語)
 

 

ビデオ: DC 3000ファミリーの紹介    (英語)

                                                       (日本語)
 

  Kulturdenkmal SH jp